トクスエブログ

暑さと冷房とさまざまな症状について

こんにちは、かもめ鍼灸治療院です。台風が通り過ぎ、少し前までの異常な猛暑はすこし鳴りを潜めたようです。しかし再び先のような猛暑がやってくるようで、困ったものです。

 

 

TOPページにも書いたのですが、理屈でいえば気温が高いと肩こりや腰痛といった症状は和らぐことになります。これは気温が上がると血管が拡張して血流がよくなるからです。逆に寒いと血管が収縮します。

 

しかしここまで暑いと熱中症になりかねません。そのために冷房をいれるわけですが、冷房の調整は存外難しく、冷風を浴びすぎると、血管が急激に収縮して筋肉を硬直させます。硬直した筋肉が神経を締め付けて痛みやしびれなどを発生させます。こうした急性症状にぎっくり腰や寝違えなどがあります。

 

 

また、このような気候では屋外と室内の寒暖差が激しい。例えば外気温が35℃で室内が25℃だとすると、実に10℃の気温差があるわけです。人間の身体は自律神経により常に体温などを最適な状態にしようとがんばっているわけですが、10℃の気温差を調整するのは大変です。過去のブログにも書いたのですが、エアコンの温度設定を極端に変え続けているようなもので、当然エアコンに負担がかかるわけです。電気代もかかる。

 

 

人体もそれと一緒で気温差による負担がかかりすぎて、人体を正常に機能させようというという機能がおかしくなり、だるさ、眠さ、食欲不振などといった症状がでるわけです。これに冷たい飲食物をとったりするとそれに拍車をかけて症状が強くなってしまう。また、女性の方が熱を産出する筋肉が少ないので、症状は強くなります。ここのところの女性の患者様の半数以上の症状がエアコンによるものでした。

 

こういった空調による様々な症状は、例えば重いものを持った等の明確な理由がないので、思い当たることがないのに痛みやしびれがでた、だるくなった、元気が出なくなった、と考えがちになります。しかし、急に人間の身体が理由なく壊れることはほぼないです。原因は必ずあるものです。

 

 

熱中症にならないために冷房は必須ですが、例えば入浴したり暖かい食事をとる、などによってバランスをとりたいものです。夏の症状をこじらせてしまうと、治療にもかなり時間がかかってしまいますので。

 

 

 

また、かもめ鍼灸治療院は8月11日~18日まで休院となります。休院前後の予約は埋まりつつあります。施術ご希望の方は早めのご予約をお勧めしております。

 

写真は釣ったアジです。タタキとなめろうをつくりました。脂ののりがすごく、それはおいしいですよ!

ブログ    2018.07.30 Mon

カテゴリー

アーカイブ

  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
Copyright 2019 かもめ鍼灸治療院 All Rights Reserved.