トクスエブログ

鍼灸の実際のところ

こんにちは、かもめ鍼灸治療院です。今日午前中は久々に患者様少なく、ブログが書けます。八王子は(というより、日本どこでもでしょうが)天候安定せず、いつになく体調崩す方多いです。
半数以上の患者様が、風邪っぽいとか、体調が今ひとつ優れないと仰っています。天候と体調不良に関しては今まで沢山言及したので触れませんが、今が一年のうち最も体調を崩しやすい時期であると思います。
 
※天候と体調不良の関係はこちら→http://kamome-acp.com/blog/947
 
 
 
 
 先日昔の友人と久々に会い、話に華を咲かせました。その折に、かつて友人が鍼灸を受けたという話になりました。慢性の腰痛で日常にも支障が出るから、鍼を打ちにいったが痛いしあまり効かなかったとからもう行かないという。
あれまあ難儀だったね何回通ったの?と聞くと一回だけと答えました。そりゃ一回でそんな重い腰痛、治るわけがないと言ったのですが、同僚が一発で治ったから治ると思ったとのこと。
それは鍼灸院側の説明不足だったのか、あるいは友人が鍼灸を必要以上に、例えば魔法の薬のように思っていたのかは実際のところわかりません。しかし魔法のように一発で症状が治るということはなく、鍼灸治療とはどちらかといえば地味に治していくことが多いです。
 
 
鍼の治りというものは、症状によって、そして人によって変わります。症状が重ければ重いほど比例して治るのに時間がかかります。
 
 確かに一発で治ることも珍しくないです。しかしそれで治るのは、日常に支障がない程度の肩や腰の張りといった軽度の症状の場合と、ぎっくり腰や寝違え、といった急性の症状に多い。
またその人が若ければ若いほど、運動をしていればいるほど、(要するに筋肉がしっかり機能していれば)治りが早い傾向があります。
 
 
 
ところが上記のような治りやすい症状であっても、疲労が溜まっていたり、慢性由来のものだったりすると、一回で治すのは難しい。そういったところの筋肉はガチガチに固くなっています。その硬くなった筋肉が血管を圧迫し血流が不足して栄養不足になり、加えて神経が圧迫されて痛みが出ています。
だから筋肉を柔らかくゆるめてあげれば良い。しかしそれは筋肉の硬さに左右される。
ビーフジャーキーを新鮮な肉にするには一回の施術では難しいです
とはいえ体は、鍼を打つと筋肉が柔らかくなるような仕組みになっています。その柔らかくなるかが遅いか早いかは前述の通り、症状の重さと個人差に依存してきます。
 
 
大体効果を感じるのは2回目から3回目の治療後が多く、少しでも効果が実感できれば完治か、相当な改善までもっていけます。正直なところ一回目で効果を実感するのは半分といったところでしょうか。これも勿論症状の重さに左右されます。
 
 また、当院に来院された患者様ならわかると思いますが、症状が強ければ強いほどそれに比例して鍼のズーンとした感覚が強く、症状が軽くなればなるほど、その感覚が弱くなっていくので、自分の症状がどの程度楽になったかがわかりやすい。
 
 
 
当院はそのズーンとした感覚(響きといいます)を非常に大きくとらえていて、しばしば患者様に響きの有無を確認しています。
また、治療初期であればあるほど、だるくなったり眠くなったりします。これも症状が軽くなればなるほどなくなってくるものです。
その辺の説明はきちんとしなければいけませんが、先の友人のエピソードのように一回の鍼治療が痛かったり後でだるくなったり、直後に改善しないことは、珍しくないことです。鍼は魔法の薬ではありませんから。しかし適切な部位にきちんと鍼をすれば、それは効くものです。間違いなく。
あとはそれをどれだけやってどれだけの効果をだせるかを判断出来て、それを説明できるかですが、それは鍼灸師の個々の力量だと思います。
 
思うに、鍼治療というものは歯の治療に似ているかもしれません。治療回数は症状の強さによって左右され、最初の方の治療はしんどい。治療後期になると、痛みはほとんどなくなる。といったところが。
今回もまた似たような話になってしまいました。
 
 
 
 
写真は釣ったアジと作ったアジフライです。
アジ釣りって釣りの中では簡単な方と言えると思います。数も釣れるし、非常に美味しいときてます。アジより美味しい魚ってそんなにいないのではないかな。
アジが今より全然珍しい魚だったら、フグやアラと同等以上の高級魚になっていると思います。
 
それでは、お大事になさってください。
 

ブログ    2019.11.01 Fri

梅雨去らず

こんにちは、かもめ鍼灸治療院です。八王子はじめじめと蒸し暑くなってきました。

往々にして梅雨は患者様が多い傾向があり、言い換えれば体調を崩しやすい季節でもあり、6月は食事をとる暇がないほど患者様が多かったです。7月は身体がそれに慣れてきたのか、少しだけ患者様の数も減ってきたような気がします。それでも土日はほぼ埋まってしまいますが…。

 

 

 

個人的にはこの時期と秋の台風前が一年を通して一番体調を崩しやすい季節と思っています。

症状でダントツで多いのがダルさ、疲れがとれないといった自律神経症状、次いで上半身の症状、肩こり、頭痛が多かったです。寝違いなども相当多かったです。比較すると下半身の症状は少なくなったように思います、というより上半身の症状が多すぎました、久しぶりにいらっしゃった患者様もとても多かったです。ぎっくり腰がすこし、慢性の腰痛の症状悪化、坐骨神経痛、大腿神経痛、足底筋膜炎などかな。いつも通りですね。

 

 

 

自分自身も頭痛持ちで、この時期はひどく困っていたのですが、まあ良い機会なので自分を実験台にいろいろと鍼を試したところ、ほぼ完治させることができ、今では症状なしです。コメカミの痛みや目の奥の痛み、後頚部の痛みなど、頭痛に関しては鍼はかなり強いです。自律神経系のだるさもおおよそ週1でペース、5回前後の施術で改善します。こういう季節性の症状は梅雨明けと同時に軽減することもあるのですが、夏に入ると冷房の使用で調子を崩しがちになる傾向があります。梅雨にくらべればまだましなのですが。いずれにせよ早くからりとした夏になってほしいものです。

夏の青空が待ち遠しいです。子供のころの夏休みを思い出します。

 

どうぞお大事になさってください。

 

 

 

 

写真はタコ釣りに行ったときのものです。今年はタコが数年ぶりの豊漁で、東京湾の海底はタコだらけらしい。初めての人でも10杯近く釣れるらしいので、興味がある方はどうでしょうか。多分あと数年はこんなフィーバーは訪れないと思います。下に絡みついているのは、3.2キロの大ダコでした。ものすごい力で絡みつかれて、一本の足を外したかたと思うと二本が巻き付いてくる、といった調子で振りほどくのに苦労しました。昔の怪獣映画のようです。大ダコはうまいですがそのまま食べるとタイヤのように固く、よくたたいて柔らかくします。1キロ前後の中ダコが丁度良いようです。

 

ブログ, 東洋医学, 鍼灸    2019.07.23 Tue

久しぶりのブログ更新です

こんにちは、かもめ鍼灸治療院です。今年は大変患者さま多く、忙しさにかまけてブログを更新できませんでした。また、予約も当日や週末の予約は非常に取りづらくなっており、沢山の患者様のご希望に添えず、心苦しく思っています。
 
 
 
 
八王子も春らしい暖かい日が多くなってきました。とはいえまだ夜は寒かったり、冷たい雨が降り、身体がその寒暖差に対応するのに負担がかかる時期です。
寒いときはぎっくり腰や寝違え、急な背中の痛み等の急性症状が多く、毎日診ていたのですが、ここ最近は自律神経の症状を診ることが増えます。
例えば、全身の重さ、身体のだるさ、胃腸の不調、etc…特に検査などしても身体には異常がないと診断されることが多いです。
 
以前も同じ事を書いたと思い、昔の記事を読み返してみたのですが、我ながら中々わかりやすい文章を書いていると思いました(^^;)、ので、こちらの過去の記事を参照していただければ幸いです。
 
自律神経症状と鍼灸治療について↓
 
 
 
 
 
次回は坐骨神経痛について記事を書きたいと思います。腰や臀部のからくる坐骨神経痛はにかぎらず、首からくる手の痛みや痺れに関しての鍼の相性は相当良く、かなりの症状の改善が見込めます。
いつ書けるかな…
 
 
 
 
 
忙しいと自分の身体のケアが出来ず、色々な症状がでてしまいます。
今回は左の頭痛と足底の痛みひどく、日常生活にまで影響を及ぼすようになってきたので、自分で治してしまいました。いずれも症状が出てすぐに対処したので、鍼の本数少なくシンプルな2回の治療で完治しました。
でも忙しうちは再発しそうです…気をつけないといけませんね。汚い写真で申し訳ありません。
 
どうぞお大事になさってください。
 
かもめ鍼灸治療院
写真は釣ったタイです。正直タイは寿司屋で食べても、そこまで美味しさを感じなかったのですが、釣ったタイを3日以上寝かせ、刺身で食べると今まで食べたタイはタイだったのだろうかと思うくらい美味しかったですよ!
 
 

ブログ, 鍼灸    2019.03.25 Mon

カテゴリー

アーカイブ

  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
Copyright 2020 かもめ鍼灸治療院 All Rights Reserved.