当院の特徴

患者さま一人一人に寄り添った治療を

かもめ鍼灸治療院には、この症状だからこの治療をする、という画一的なマニュアルはありません。
患者さま一人一人に合わせた治療を行うために、丁寧な診察を行うことを心がけており、患者さまによって、治療のお時間が異なることがありますので、ご了承ください。

またご予約いただいた時間は患者さま一人の治療に集中して取り組む方針とし、すこしでも患者さまにリラックスして治療を受けていただけるよう努めております。

治療は東洋医学的、西洋医学的な観点両方から症状を判断したのち、治療方針を立てて、お客様にご説明をしながら、治療を行います。

 

 

 

東洋医学と西洋医学の両観点から

東洋医学は、全身を様々な角度からみることに重きをおきます。
人体に流れる気、血、津液(人体の中の水分)の流れを調整することで、全身の治癒力を高めることを目的としています。
そのために、問診、脈、お腹、舌の様子を観、確認して全身の症状を判断します。

 

また、運動器疾患(首肩こり、腰痛、膝の痛み等)を持つ患者さまには、徒手検査という西洋医学的アプローチを行います。
これは整形外科における検査法で、運動器系の症状を判断する上でとても有効な手法です。

整形外科における検査法

症状に合わせたペースで

治療に必要な回数は、症状によってそれぞれです。
一般に、短期間で現れた症状の場合、治療回数は少なく済むことが多く、一回の治療で良くなることもあります。
しかし時間をかけて作られた慢性的な症状については、症状が改善するまでに時間がかかる傾向があります。
鍼灸では、薄皮をはがしていくように、徐々に症状を良くしていくことが基本となります。
具体的には、週一回の治療を目安にしばらく続け、症状が良くなるにつれて徐々に治療回数を減らしていくということが多いです。

Copyright 2019 かもめ鍼灸治療院 All Rights Reserved.